H1 大見出しが入ります。

TEL/075-746-3802
無料カウンセリング予約・お問い合わせ
surgery

粉瘤手術の費用と流れ

SCROLL DOWN

PRICE

粉瘤の日帰り手術費用

粉瘤の治療費は、大きさや手術方法、治療箇所、数によって異なります。
診察、検査、手術、病理検査といった粉瘤の一連の治療には、
健康保険の適用が受けられますので、医療費の3割または1割負担となります。

大きくなるほど治療にかかる費用は高くなってしまいますので、小さいうちに日帰り手術で治療されることをお勧めします。

粉瘤の手術にかかる費用の目安は、以下の表のとおりとなります。
表は3割負担時の金額となっていますので、1割負担の方の場合は3分の1のを目安とお考え下さい。

3割負担の場合の目安

露出部 2㎝未満

5,310~9,990円

露出部 2~4㎝未満

11,340~16,020円

露出部 4㎝以上

13,410~18,090円

非露出部 3㎝未満

4,170~8,860円

非露出部 3~6㎝未満

10,020~14,710円

非露出部 6㎝以上

12,810~17,500円

※処方料、血液検査、病理検査等によって費用が変わります。
※露出部とは、半袖・半ズボンで隠れない部分(首から上、肘から先、膝から下)を指します。

PAYMENT

生命保険の給付金

個人で生命保険会社や共済組合の医療保険や
医療特約に加入されている場合、保険商品によっては粉瘤の手術が
手術給付金の対象となっている場合があります。

粉瘤の治療については、全て健康保険の適用が受けられるので、経済的な負担も少なく、手術も短時間で終わることから気軽に受けていただけます。

さらに、個人で生命保険会社や共済組合などで医療保険や医療特約に加入されている場合、保険の契約内容によっては粉瘤の手術に対して手術給付金・交付金がもらえることもあります。
これらは、自ら保険会社や共済組合に申請しないと支払われません。
せっかく生命保険会社や共済組合で加入して保険料を支払っているのに勿体ないことになりますので、事前に確認されておくと良いでしょう。
手術に対して給付金が受けられるような医療保険や医療特約にご加入されている場合は、忘れずに確認しておきましょう。

給付が受けられる場合は、申請に必要な書類も必要なので早めに確認しておくようにしてください。

粉瘤の手術の場合の術式名は、「皮膚・皮下腫瘍摘出術」となります。

生命保険の給付金

FLOW

粉瘤日帰り手術(くり抜き法)の流れ

粉瘤日帰り手術(くり抜き法)の流れ STEP01

診察・診断

診察・診断

医師が症状をお伺いして診察を行い、粉瘤であるかどうかを確認し診断いたします。診断後、手術について患者様のご意思を確認した上で、手術へと進めていきます。

粉瘤のサイズが大きかったり、粉瘤ができている箇所が皮膚が分厚い部分の場合は、くり抜き法(へそ抜き法)での施術はできないため、切除法による手術となります。

粉瘤日帰り手術(くり抜き法)の流れ STEP02

局所麻酔

局所麻酔

ワキの広さを測定し、発汗する場所、体毛の位置をみながら、個人差を考慮して一人ひとりに応じてミラドライの照射範囲を決め、インクの転写シートを用いて正確にマーキングをしていきます。

照射漏れのないように照射範囲を少し広めにとっていきます。

粉瘤日帰り手術(くり抜き法)の流れ STEP03

開孔

開孔

円筒状のメスを粉瘤の中心に刺し込み、1~5mm程度の小さな穴を開けます。

粉瘤日帰り手術(くり抜き法)の流れ STEP04

粉瘤の抜き取り

粉瘤の抜き取り

開口部からピンセットなどの器具を使用しながら、取り残しのないように粉瘤を丁寧に抜き取っていきます。
大きくなっている粉瘤の場合は、まず粉瘤の中に溜まっている内容物を抜き出してから、袋を取り出します。
しっかり取り切らないと粉瘤の再発の恐れがあるため取り残しのないかを丁寧に確認いたします。

粉瘤日帰り手術(くり抜き法)の流れ STEP05

洗浄

洗浄

洗浄し、取り残しがないことをしっかりと確認し治療終了です。

くりぬき法では傷口の縫合は基本的には不要ですが、必要に応じて縫合する場合があります。

無料カウンセリングWEB予約
お問い合わせはこちら

pagetop